ハクのあれこれブログ

ガジェット記事を中心に格安スマホやアプリ情報について書いています。

アマゾン 7型タブレット「Fire 7 (2017)」を発表 薄くなり、バッテリー駆動時間が改善



2017年5月、アマゾンジャパンが7型ディスプレイを搭載したタブレット「Fire 7」の新モデルを発表しました。

Amazon Fire 7 タブレット (2017)

Amazon Fire 7 タブレット 2017年モデル アマゾン ファイヤー

 

「Fire 7 タブレット (2017)」は、OSにはAmazon独自のFire OS、7インチのディスプレイ (1024 x 600)を搭載したタブレットです。前モデルから1mm薄くなり、バッテリー駆動時間は8時間に伸びています。

 

プロセッサは4コア 1.3GHz駆動のCPU、メモリは1GB、内部ストレージ容量は8GB / 16GBです。microSDカードスロットを搭載しているので、外部ストレージとしてmicroSDカード (最大256GB)でストレージを拡張できます。

 

メインカメラは200万画素、バッテリー駆動時間は約8時間となっています。通信機能はWi-Fi (2.4GHz / 5GHz)に対応しています。

 

2017年6月7日に発売予定、Fire 7 (2017)の価格は

・ストレージ8GBモデルが8980円

・ストレージ16GBモデルが1万980円

となっています。

スペック (2017年モデル)
OS Fire OS
ディスプレイ

7インチ

(1024 x 600)

プロセッサ 4コア 1.3GHz
メモリ 1GB
ストレージ

8GB / 16GB

(microSDカード対応)

カメラ 背面:200万画素
バッテリー 連続使用時間:8時間
重さ 295g
通信機能

Wi-Fi a/b/g/n

(2.4GHz / 5GHz)

最後に

アマゾンジャパンが7型ディスプレイを搭載したタブレット「Fire 7」の新モデルを発表しました。前モデルから本体が薄くなり、バッテリー駆動時間が8時間になりました。

 

関連リンク

Amazon Fire 7 タブレット (2017)

 

アマゾン関連記事