ハクのあれこれガジェットノート

ガジェット記事を中心に格安スマホやアプリ情報について書いています。

「Duet Display」でiPadをPCのサブディスプレイ化 アプリで手軽にWindows・Macを2画面にできます



iPadをサブディスプレイにできるアプリ「Duet Display」です。

Duet Display デュエット ディスプレイ アイフォン アイホン iPhone アイパッド iPad サブディスプレイ アプリ iOS

 

2015年12月のップデートで大画面iPad「iPad Pro」にも対応しました。この時のアップデートで、パソコンのCPUにかかる負荷も下がり、だいぶ使いやすくなりました。

Duet Displayの使い方

1. Duet Displayを利用するには、パソコンとiPadにぞれぞれアプリwpインストールする必要があります。iOS用アプリ (iPhone / iPad)は有料、PC用アプリは無料となっています。

 

iPhone / iPad用アプリ (iTunes App Store)

Duet Display

Duet Display

  • Kairos Technologies, Inc.
  • 仕事効率化
  • ¥1,900

 

パソコン用アプリ (Windows / Mac)

Duet Display - 公式サイトへ

 

2. パソコンとiPadをケーブルで接続します。

 

3. パソコンとiPad用アプリを両方起動することで、利用を開始できます。

Duet Displayの設定方法

Duet Displayの設定は、パソコン用アプリから設定を変更できます。

Duet Display デュエット ディスプレイ アイフォン アイホン iPhone アイパッド iPad サブディスプレイ アプリ iOS 設定方法

 

設定画面では、サブディスプレイの解像度・フレームレート・サブディスプレイの配置などを変更できます。

 

パソコンにかかる負荷を少なくしたい時には、解像度を下げたりフレームレードを下げることでCPUの負荷が少なくなります。

 

iPad miniで解像度を高くすると、文字が小さくて見づらくなったりするので、使う人の好みに合わせて調整すると良さそうです。

最後に

iPadをサブディスプレイに変えられるアプリ「Duet Display」です。iOS用のアプリが有料 (現在は1900円)です。アプリとしては高めの価格設定ですが、ディスプレイ本体を買い足すのに比べると安く利用できます。

 

iPadを持っている方で、たまにパソコンでサブディスプレイを使いたい、といった人にオススメのアプリです。

 

アプリ関連記事です。