ハクのあれこれガジェットノート

ガジェット記事を中心に格安スマホやアプリ情報について書いています。

2016年7月のブラウザシェアが発表 Chromeがデスクトップ向け・モバイル向けでトップシェアを維持



2016年7月のデスクトップブラウザとモバイルブラウザのシェアが発表されました。

ブラウザ シェア 2016年 7月 Chrome Safari Opera Microsoft IE

デスクトップ向けブラウザ (シェア1%以上)

  2016年7月 2016年6月
Chrome

50.95%

(先月比 +2.30%)

48.65%
IE

29.60%

(先月比 -2.05%)

31.65%
Firefox

8.12%

(先月比 +0.14%)

7.98%
Microsoft Edge 5.09% 5.09%
Safari

4.51%

(先月比 -0.13%)

4.64%
Opera

1.40%

(先月比 -0.23%)

1.63%

 

シェアが増加したブラウザ

Chromeが先月からプラス2.30%、Firefoxがプラス0.14%とシェアを増やしています。

 

シェアが減少したブラウザ

Internet Explorer (IE)が先月からマイナス2.05%、Safariがマイナス0.13%、Operaがマイナス0.23%とシェアを減らしています。

モバイル・タブレット向けブラウザ (シェア1%以上)

  2016年7月 2016年6月
Chrome

51.87%

(先月比 -0.44%)

52.31%
Safari

28.45%

(先月比 +0.50%)

27.95%
Android Browser 8.55%

(先月比 +0.35%)

8.20%
Opera Mini 6.20% 6.20%
IE

1.85%

(先月比 -0.21%)

2.06%
Microsoft Edge 0.91%

(先月比 -0.22%)

1.13%

 

シェアが増加したブラウザ

Safariが先月からプラス0.50%、Android Browserがプラス0.35%とシェアを増やしています。

 

シェアが減少したブラウザ

Chromeが先月からマイナス0.44%、IEがマイナス0.21%、Microsoft Edgeがマイナス0.22%とシェアを減らしています。

最後に

2016年7月のブラウザシェアが発表されました。デスクトップ・モバイルどちらもChromeのシェアがトップになっています。

 

デスクトップ用ブラウザではChromeブラウザのシェアがゆっくりと増加を続け50%を超えました。モバイル用ブラウザではChromeブラウザが先月よりもシェアをわずかに減らしましたが、それでも50%越えのシェアを確保しています。

 

2016年03月まではMicrosoft製ブラウザがデスクトップ向けブラウザのシェアでトップでしたが、2016年04月にChromeがMicrosoft製ブラウザのシェアを抜きトップになり、それ以降もChromeが徐々にシェアを増やしています。

 

ブラウザシェアの関連記事