ハクのあれこれガジェットノート

ガジェット記事を中心に格安スマホやアプリ情報について書いています。

ハロウィンとカボチャの関係 もともとはカブが使われていました



トピック「ハロウィーン」について

 

ハッピーハロウィン!ということで10月31日、今日はハロウィンです。

 

無印良品でカボチャを使ったお菓子を買ってみました。

ハロウィン カボチャ 無印良品 バウムクーヘン

かぼちゃバウムです。しっとりとした生地で美味しかったです。

ハロウィンとカボチャの関係

ハロウィンではどうしてカボチャのお菓子やランタンが多く使われるのか気になったので、ハロウィンの歴史を少し調べてみました。

 

ハロウィンはケルト人の宗教的な行事がもとになっているそうです。秋の収穫を祝い、悪魔を祓う行事(イベント)です。

 

ケルト人はもともとカブなどでランタンを作って悪魔除けとして飾っていました。

 

これがアメリカに広がる時に、当時アメリカで多く収穫されていたカボチャに変わったそうです。ランタンへ加工しやすかったこともあり、カボチャが広く使われるようになりました。

 

なので日本のハロウィンはアメリカから伝わってきたのでカボチャが使われているんだと思われます。

 

ハロウィンの本場アイルランド(ケルト人の国)では、今でもカブが使われているそうです。

最後に

ハロウィンの仮装も魔除けのためなのだそうです。

 

今年はカボチャのお菓子を食べて満足したので、仮装は来年以降にしようと思います。

 

それでは

I wish you a happy Halloween.

良いハロウィーンをお送りください。

 

ハロウィーン関連記事