ハクのあれこれガジェットノート

ガジェット記事を中心に格安スマホやアプリ情報について書いています。

「LINE MUSIC」が洋楽ジャンルを強化し、料金を値下げ 特徴やトライアルキャンペーンについて



更新日:11月20日 - 30日間チケットを値下げ

 

LINE MUSICが数千万曲の洋楽を追加することを発表しました。また、新規ユーザー向けに無料体験を再開しました。

 

LINEとイギリスの大手音楽配信プロバイダー「オムニフォン」が業務提携することで、オムニフォンの持つ数千万曲の洋楽をLINE MUSICで楽しめるようになります。実際に追加されるのは11月中になるそうです。

 

新規ユーザーにLINE MUSICを体験してもらうために、フル機能を無料で30日間体験できるキャンペーンが再開します。以前の無料トライアル期間(2015年6月〜8月)を利用していない人(ログイン履歴の無い人)が対象になります。

 

30日間が税込960円に値下げされました。

LINE MUSIC

LINEの音楽ストリーミングサービスです。ウェブサイト、Androidアプリ、iOSアプリから利用できます。

LINE MUSIC - ウェブサイトへ

 

これまでLINE MUSICで提供されていた楽曲は日本国内のものが中心でした。今回、海外企業と業務提携することで、新たに数千万曲の海外楽曲がLINE MUSICに追加されます。

LINE MUSICの現状

2015年6月のサービス開始からのアプリダウンロード回数は860万回、月間アクティブユーザー数は400万人です。

LINE MUSICの特徴

LINE MUSICならではの機能として「シェア機能」があります。

 

LINEのトークやタイムラインで音楽を送り合える機能です。これまでの文字や画像(スタンプや写真)による情報・気持ちの共有方法に音楽が加わります。

LINE MUSICの利用方法

スマホではアプリ経由で音楽を聴くことができます。

 

パソコンからは、ウェブサイトにアクセスし、ストリーミング再生で音楽を聴くことができます。

LINE MUSICの有料プラン

LINE MUSICの有料プランは、「20時間チケット」が500円、「30日間チケット」が960円(税込)です。

 

両プランには学割プランがあります。学割プランでは「20時間チケット」が300円、「30日間チケット」が600円になります。

 

LINE MUSIC ライン ミュージック 音楽 料金 プラン

最後に

LINE MUSICに海外の楽曲が追加されます。これまでは国内の楽曲が中心だったので、楽曲数が少ない状態でした。今回の提携で一気に楽曲数が増えることになります。

 

2015年6月ごろから日本国内の定額制の音楽聴き放題サービスが本格的に始まりました。わずか数ヶ月ですが、この分野の競争が激しくなっています。

 

Googleは音楽聴き放題サービスとYoutubeの有料プランを組み合わせて、料金はそのままで利用できるようにしてきています。Apple Musicでは、アーティストとユーザーの交流の場となる「Connect」機能を備えています。

 

LINEならではのシェア機能など、既存サービスとの組み合わせも大切になりそうです。

LINE関連リンク

LINE MUSIC - ウェブサイトへ

LINE MUSIC(ラインミュージック)
LINE MUSIC(ラインミュージック)
無料
posted with アプリーチ

 

関連記事