ハクのあれこれガジェットノート

ガジェット記事を中心に格安スマホやアプリ情報について書いています。

レノボ 低価格Androidスマホ「Vibe K5」「Vibe K5 Plus」を発表 スペックまとめ (MWC 2016)



2016年02月、レノボがMWC 2016に合わせてAndroidスマートフォン「Vibe K5」「Vibe K5 Plus」を発表しました。

Lenovo レノボ Vibe K5 Plus バイブ プラス Android アンドロイド スマートフォン スマホ スペック 性能

レノボ 「Vibe K5」

OS Android 5.1 ロリポップ
ディスプレイ 5インチ HD (1280 x 720)
プロセッサ Snapdragon 415 (8コア 1.4GHz)
メモリ 2GB
ストレージ 16GB (microSD対応)
前面カメラ 500万画素
背面カメラ 1300万画素
バッテリー 2750mAh

 

「Vibe K5」は、Android 5.1 ロリポップ、5インチのHDディスプレイ、プロセッサはSnapdragon 415 (8コア 1.4GHz)、メモリ2GB、ストレージ容量16GB、メインカメラは1300万画素といったスペックになっています。通信機能は、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 4.1に対応します。

 

価格は129ドル (約1万5000円)です。

レノボ「Vibe K5 Plus」

OS Android 5.1 ロリポップ
ディスプレイ 5インチ フルHD (1920 x 1080)
プロセッサ Snapdragon 616 (4コア1.7GHz + 4コア1.2GHz)
メモリ 2GB
ストレージ 16GB
前面カメラ 500万画素
背面カメラ 1300万画素
バッテリー 2750mAh

 

「Vibe K5 Plus」は、Android 5.1 ロリポップ、5インチのフルHDディスプレイ、プロセッサはSnapdragon 616 (4コア1.7GHz + 4コア1.2GHz)、メモリ2GB、ストレージ容量16GB、メインカメラは1300万画素といったスペックになっています。通信機能は、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 4.1に対応します。

 

価格は149ドル (約1万7000円)です。

最後に

レノボがMWC 2016に合わせてAndroidスマートフォン「Vibe K5」「Vibe K5 Plus」を発表しました。スマートフォン本体は低価格ですが、スペックはミドルレンジクラスの性能になっています。

 

スマートフォン関連記事です。