ハクのあれこれガジェットノート

ガジェット記事を中心に格安スマホやアプリ情報について書いています。

サムスン エントリークラスのAndroidスマホ「Galaxy J5 (2016)」「Galaxy J7 (2016)」を発表 スペックまとめ



2016年03月、サムスンがエントリークラスのAndroidスマホ「Galaxy J5」「Galaxy J7」の2016年モデルを中国で発表、2016年05月にはインドで発売しました。

Samsung サムスン Galaxy J5 Galaxy J7 ギャラクシー Android アンドロイド スマートフォン スマホ スペック 性能

Androidスマートフォン 「Galaxy J5 (2016)」

OS Android 6.0 マシュマロ
ディスプレイ

5.2インチ 有機EL

HD (1280 x 720)

プロセッサ

Snapdragon 410

(4コア 1.2GHz)

メモリ 2GB
ストレージ

16GB

(microSD対応)

前面カメラ 500万画素
背面カメラ 1300万画素
バッテリー 3100mAh

 

「Galaxy J5 (2016)」は、OSにAndroid 6.0 マシュマロ、5.2インチの有機ELディスプレイ、プロセッサはSnapdragon 410 (4コア 1.2GHz)、メモリ2GB、ストレージ容量は16GB、メインカメラは1300万画素といったスペックになっています。

 

エントリークラスのスマートフォンですが有機ELディスプレイを搭載しています。

 

インドでの価格は13,990インドルピー (約2万3000円)です。

Androidスマートフォン 「Galaxy J7 (2016)」

OS Android 6.0 マシュマロ
ディスプレイ

5.5インチ 有機EL

HD (1280 x 720)

プロセッサ

Exynos 7870

(8コア 1.6GHz)

メモリ 2GB
ストレージ

16GB

(microSD対応)

前面カメラ 500万画素
背面カメラ 1300万画素
バッテリー 3300mAh

 

「Galaxy J7 (2016)」は、OSにAndroid 6.0 マシュマロ、5.5インチの有機ELディスプレイ、プロセッサはExynos 7870 (8コア 1.6GHz)、メモリ2GB、ストレージ容量は16GB、メインカメラは1300万画素といったスペックになっています。

 

こちらも有機ELディスプレイを搭載したスマートフォンになっています。

 

インドでの価格は15,990インドルピー (約2万6000円)です。

最後に

サムスンがAndroidスマートフォン「Galaxy J5 (2016)」「Galaxy J7 (2016)」を発表しました。Jシリーズは低価格帯のスマートフォンですが、2モデルとも有機ELディスプレイ搭載のスマートフォンとなっています。

 

GIGAZINEの記事ですが、有機ELディスプレイの製造コストが下がっているそうです。今後は有機ELディスプレイ搭載のスマートフォンが増えてくるかもしれません。

 

スマートフォン関連記事です。