ハクのあれこれガジェットノート

ガジェット記事を中心に格安スマホやアプリ情報について書いています。

次世代スマホ用CPUには端末保護機能「SafeSwitch」が搭載 スマホの不正使用を防止 [セーフスイッチ]



クアルコムの次期スマートフォン用プロセッサ「Snapdragon」では、スマホを紛失・盗難した際に不正に使用されないようにする機能「SafeSwitch (セーフスイッチ)」が搭載されるそうです。

端末保護機能「SafeSwitch (セーフスイッチ)」

「SafeSwitch」はスマホを紛失・盗難した際に不正に使用されないようにする端末保護機能です。

 

専用のチップを搭載することでキルスイッチ機能を実現していて、所有者以外の人が操作できないようにします。持ち主のみが元の状態に戻せるようになっています。

 

対応のプロセッサは、Snapdragon 430 / 617 / 650 / 652 / 820となっています。

次世代の高性能プロセッサ「Snapdragon 820」

Snapdragonの800番台は、高性能なスマートフォンに採用されています。ソニーのXperia Zシリーズ、シャープのAQUOSシリーズなどでも採用されています。

 

Snapdragon 820には、新バージョンのGPU(画像処理を担当する部品)が搭載されます。新しいGPUは、従来のものに比べて40%の性能アップと40%の省エネ化がなされています。

 

セキュリティ面でも「Snapdragon Smart Protect」を搭載しています。Snapdragon Smart Protectは、リアルタイムでマルウェアの検出をおこないます。リアルタイム学習機能がベースになっている行動解析により、データベース未登録の未知のマルウェアを検出することを目的としています。

最後に

クアルコムが次期スマートフォン用CPUに端末保護機能「SafeSwitch」を搭載します。端末を紛失時に、他の人が操作できない状態にすることで、プライバシーを守ることができる機能です。

 

プロセッサ関連記事