ハクのあれこれガジェットノート

ガジェット記事を中心に格安スマホやアプリ情報について書いています。

Googleの低価格スマホ「Android One」の現状と今後



Googleが新興国向けに手がける低価格スマートフォンが「Android One」です。

 

最初のAndroid Oneが2014年9月にインドで登場しました。まだまだ、市場を圧巻することは出来ていませんが、今後はさらに機種を追加していくようです。

Android One

新興国向けの低価格スマートフォンです。現在のところ、インドメーカーから4機種が発売されています。

Karbonn Sparkle V

Google Android One Karbonn Sparkle V グーグル アンドロイド ワン

スペック

OS Android
ディスプレイ 4.5インチ (854 x 480ピクセル)
プロセッサ MediaTek (4コア 1.3GHz)
RAM 1GB
ストレージ 4GB
前面カメラ 200万画素
背面カメラ 500万画素
バッテリー 1700mAh
microSD 対応
Micromax Canvas A1

Google Android One Micromax Canvas A1 グーグル アンドロイド ワン

スペック

OS Android
ディスプレイ 4.5インチ (854 x 480ピクセル)
プロセッサ MediaTek (4コア 1.3GHz)
RAM 1GB
ストレージ 4GB
前面カメラ 200万画素
背面カメラ 500万画素
バッテリー 1700mAh
microSD 対応
Spice Dream UNO

Google Android One Spice Dream UNO グーグル アンドロイド ワン

スペック

OS Android
ディスプレイ 4.5インチ (854 x 480ピクセル)
プロセッサ MediaTek (4コア 1.3GHz)
RAM 1GB
ストレージ 4GB
前面カメラ 200万画素
背面カメラ 500万画素
バッテリー 1700mAh
microSD 対応
Lava Pixel V1

Google Android One Lava Pixel V グーグル アンドロイド ワン

スペック

OS Android
ディスプレイ 5.5インチ (1280 x 720ピクセル)
プロセッサ MediaTek (4コア 1.3GHz)
RAM 2GB
ストレージ 32GB
前面カメラ 800万画素
背面カメラ 1300万画素
バッテリー 2650mAh
microSD 対応

Android Oneの現状

Android Oneの目的は、低価格スマホ分野でGoogle純正のAndroidを普及させることです。

 

メーカー製の低価格スマホの場合、Android OSに独自のカスタマイズが加えられてGoogleのアプリが搭載されていない場合が多いのが現状です。

 

インドで販売が開始されたAndroid Oneですが、インドでの販売台数はあまり伸びていません。

 

最初のAndroid Oneが発売されたのが2014年9月です。2014年9月から2014年12月の4ヶ月間での販売台数は約200万台(Android Oneの部品メーカーの情報)だそうです。同期間のインドのスマホ販売台数は約3000万台です。シェアは10%に届いていません。

Android Oneの今後

2014年9月に発売されたAndroid Oneは$100(12,000円)ほどでしたが、今後は$50(6000円)に狙いを定めていくようです。

 

あとは、インド以外の国での販売はあるのかが気になります。日本で販売されているスマートフォンに比べると性能は劣りますが、スマホに性能を求めていない人には良さそうです。

最後に

Googleは低価格帯にAndroid One、中価格から高価格帯に「Nexus」ブランドのスマートフォンを発売しています。

 

日本でも、低価格帯のスマートフォンがSIMフリー機として登場してきています。この中に、Android Oneも加わって、ユーザーの選択肢が増えていってほしいですね。

 

Google Android One グーグル アンドロイド ワン

 

スマートフォン関連記事