ハクのあれこれガジェットノート

ガジェット記事を中心に格安スマホやアプリ情報について書いています。

「努力が勝手に続いてしまう」 努力の仕組み化で、努力することが習慣になっていきます



「努力が勝手に続いてしまう」を読みました。

目次

第1章 - 「努力」という意識を捨てる

第2章 - 努力の「仕組み化」 7つのルール

第3章 - 努力が勝手に「続いてしまう」技術

第4章 - こうして短期間でケンブリッジに合格した

第5章 - 独学でも世界のトップレベルまで行ける

 

著者の塚本さんは、偏差値30台から短期間の勉強で同志社大に合格し、その後ケンブリッジ大学で心理学を専攻しました。ですので本の中では、心理学の視点から"なぜそうなるのか"を解説してくれています。

 

この本の第2章では、努力を仕組み化するための7つのルールが書かれています。7つのルールの中で特に記憶に残っているのが「何を、どのように、いつするのかを決める」と「 スモールステップで"成功体験"を作る」です。

何を、どのように、いつするのか

何か新しいことを勉強するときに、「この参考書でばんばろう」を決めるだけだと失敗しやすいそうです。「いつ」「どのように」も一緒に決めると努力 (この場合は勉強)が続きやすくなります。

 

「何を」 = 「参考書の2章と3章を」

「どのように」 = 「10ページずつ」

「いつ」 = 「毎日22時から23時に」

 

というふうに細かく決めておくと続けやすくなります。

スモールステップで「成功体験」を作る

「10ページずつ」が難しい場合には、「5ページずつ」に減らして、毎日続けることも良い方法だと思います。これは、毎日のノルマをこなしていくことで、自分への信頼感が強化され、さらに努力をする、という良いサイクルが回り始めるからです。

 

毎日継続することで、「努力 (勉強)をしないことが気持ち悪い」という状態を作ることができます。これは、努力や勉強することを習慣化するような感じだと思います。

 

もし続かなかったら、もっと頑張る「以外」の方法で再度挑戦することがポイントです。精神論ではなく、具台的な対策を行うことが大切だそうです。

最後に

この本を読んでから、やるべきことを細かく分解してカレンダーアプリに記入するようにしました。

 

カレンダーアプリに記入することで「何を」「いつするのか」がわかりやすくなります。あとはメモ欄に「どのように」を書き加えることで、「何を・どのように・いつするのか」が明確になります。

 

本書を読んでみて、努力が勝手に続く、というのは努力することを習慣にしていくことだと思いました。習慣化の方法が、「努力の仕組み化」という形で書かれているように感じました。

 

やりたいと思っていること、やらないといけないことがあるけどなかなか続かない、という方にオススメの本です。

 

これまでの読書記録