読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハクのあれこれブログ

ガジェット記事を中心に格安スマホやアプリ情報について書いています。

ドコモ 低価格・エントリークラスの4.7型Androidスマホ「MONO MO-01J」を発表 スペックまとめ (2016秋冬モデル)

Android Androidスマートフォン 2016年秋冬モデル


2016年10月、ドコモが低価格・エントリークラスのAndroidスマートフォン「MONO MO-01J」を2016年秋冬モデルとして発表しました。

MONO MO-01J

MONO MO-01J Android アンドロイド スマートフォン スマホ スペック 性能 2016年 秋冬モデル NTT ドコモ

 

「MONO MO-01J」は、OSにAndroid 6.0 マシュマロ、4.7インチの液晶ディスプレイ (1280 x 720)を搭載したドコモオリジナルモデル (ZTE製)のスマートフォンです。

 

プロセッサはQualcomm Snapdragon 615 (8コア 最大1.5GHz)、メモリは2GB、内部ストレージ容量は16GBです。microSDカードスロットを搭載しているので、外部ストレージとしてmicroSDカードでストレージを拡張できます。

 

メインカメラは1330万画素、バッテリー容量は2440mAhです。通信機能はWi-Fi (2.4GHz)、Bluetooth、4G LTEに対応、防水 (IPX7)・防塵(IP5X)にも対応しています。

 

防水表記の「IPX7」では、常温・水道水の水深1.0メートルに通信機器を沈め、約30分間放置しても通信機器としての機能を有することを意味します。

 

2016年12月09日に発売予定となっています。端末価格は一括購入・端末購入サポート適用で648円となっています。

スペック
OS Android 6.0 マシュマロ
ディスプレイ

4.7インチ 液晶ディスプレイ

HD (1280 x 720)

プロセッサ

Qualcomm Snapdragon 615

(4コア 1.5GHz+ 4コア 1.2GHz)

メモリ 2GB
内部ストレージ

16GB

(microSDカード対応)

前面カメラ 490万画素
背面カメラ 1330万画素
バッテリー 2440mAh
通信機能

4G LTE + VoLTE

Wi-Fi b/g/n (2.4GHz)

Bluetooth 4.1

その他

防水 (IPX7)

防塵 (IP5X)

ハイレゾに対応

最後に

ドコモが低価格・エントリークラスのAndroidスマートフォン「MONO MO-01J」を2016年秋冬モデルとして発表しました。

 

ドコモから登場する「MONO MO-01J」は、プロセッサにQualcomm製のSnapdragon 615 (8コア 最大1.5GHz駆動)、メモリ2GBを搭載するなどエントリークラスからミドルレンジクラスのスマートフォンになっています。

 

関連リンク

ドコモ - スマートフォン製品

 

NTTドコモ関連記事