読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハクのあれこれブログ

ガジェット記事を中心に格安スマホやアプリ情報について書いています。

iPhone / iPadのAirDrop機能を受信しない・無効にする方法 (エアードロップ / iOS)



iPhoneやiPadのAirDrop機能を「受信しないようにする方法」と「機能制限によってAirDrop機能を無効にする方法」です。

 

AirDropは、近くの端末同士(Mac、iOS)で写真などのデータを送受信できる機能です。この機能を使わないのであれば、機能をオフにしておくことでバッテリーの節約にもなります。また、iOSの機能制限を設定することで、このAirDrop機能自体を無効にすることもできます。

iPhone iOS AirDrop 設定 受信しない 無効 機能制限

AirDropを受信しないように設定する方法

1. ホーム画面の下側を上に向かってスワイプすることで、写真のような設定画面が表示されます。

iOS iPhone iPad アイフォン アイホン アイパッド AirDrop エアードロップ 受信しない 設定方法

 

2. 緑で囲った部分がAirDropです。ここを受信しないに変更すれば完了です。

機能制限でAirDropを無効にする方法

機能制限の画面では、iPhoneやiPadに標準でインストールされているアプリ機能をオフにしたり、各種機能に制限をかけることができます。

 

機能制限の画面を開く手順

1. iPhone / iPadの「設定アプリ」を開きます。

iOS iPhone iPad アイフォン アイホン アイパッド AirDrop エアードロップ 無効 機能制限 設定方法

 

2. 「一般」を開きます。

iOS iPhone iPad アイフォン アイホン アイパッド AirDrop エアードロップ 無効 機能制限 設定方法

 

3. 「機能制限」を開きます。機能制限用に4桁のパスコードを設定します。

iOS iPhone iPad アイフォン アイホン アイパッド AirDrop エアードロップ 無効 機能制限 設定方法

 

4. 機能制限の画面では、制限をかけることができるアプリが表示されています。「AirDrop」だけでなく「カメラ」「Siriと音声入力」「FaceTime」「CarPlay」などの機能もオフにすることができます。

iOS iPhone iPad アイフォン アイホン アイパッド AirDrop エアードロップ 無効 機能制限 設定方法

最後に

iPhoneやiPadのAirDrop機能を「受信しないようにする方法」と「機能制限によってAirDrop機能を無効にする方法」です。

 

AirDropは、近くの端末同士(Mac、iOS)で写真などのデータを送受信できる便利な機能ですが、近くの人にiPhoneの名前が表示されることもあります。プライバシー面で気になる人はAirDrop機能をオフにしたり、iPhoneの名前を変更するなど対策をしてみてください。

 

アプリ関連記事