読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハクのあれこれブログ

ガジェット記事を中心に格安スマホやアプリ情報について書いています。

iPhone / iPadに機能制限を設定 年齢制限アプリを非表示にする方法 (iOS)

Apple アプリ


iPhoneやiPadの機能制限を設定して年齢制限アプリを非表示にする方法です。他にも、機能制限ではiOSに標準でインストールされているアプリ機能をオフにしたり、アプリのインストールやアプリ内課金を制限することができます。

 

iOS iPhone iPad アイフォン アイホン アイパッド 機能制限 設定方法

機能制限を設定する方法

機能制限の画面では、iPhoneやiPadに標準でインストールされているアプリ機能をオフにしたり各種機能に制限をかけることができます。また、機能制限を利用するには4桁のパスコードを設定する必要があります。

 

機能制限の画面を開く手順

1. iPhone / iPadの「設定アプリ」を開きます。

iOS iPhone iPad アイフォン アイホン アイパッド 機能制限 設定方法

 

2. 「一般」を開きます。

iOS iPhone iPad アイフォン アイホン アイパッド 機能制限 設定方法

 

3. 「機能制限」を開きます。機能制限用に4桁のパスコードを設定します。

iOS iPhone iPad アイフォン アイホン アイパッド 機能制限 設定方法

 

4. 年齢制限アプリを非表示にするには、「コンテンツの許可」の中にある「App」を選びます。「App」のページで許可する範囲を選択すれば完了です。

iOS iPhone iPad アイフォン アイホン アイパッド 機能制限 設定方法 iOS iPhone iPad アイフォン アイホン アイパッド 機能制限 設定方法

 

他にも機能制限ページでは、「カメラ」「Siriと音声入力」「FaceTime」「AirDrop」「CarPlay」などの機能オフにすることができますし、アプリ内課金に制限をかけることもできます。

最後に

iPhoneやiPadの機能制限を設定して年齢制限アプリを非表示にする方法です。

 

機能制限では使わない機能をオフにすることもできます。カメラ機能、FaceTime、音声入力とSiriなどの標準機能にも制限をかけることができます。他の人にiPhoneなどを勝手に操作されたくない場合には機能制限を活用してみてください。

 

iOS関連記事