ハクのあれこれガジェットノート

ガジェット記事を中心に格安スマホやアプリ情報について書いています。

クラウドストレージ「iCloud Drive」の機能や価格 上手に活用してiPhoneをより便利に使おう



更新日:2016年01月03日

 

iOS 8と一緒に「iCloud Drive」が登場しました。iCloud Driveは、iPhoneを使っている人にとても便利なサービスになっています。

iCloud Driveとは

Appleのクラウドストレージサービスです。

 

Windows(7以降)、Mac(Yosemite以降)、iOS(バージョン8以降)で利用できます。

 

iCloud Driveの無料容量は5GBです。

料金プラン

2015年9月から新料金プランになりました。追加容量50GBが月130円、200GBが月400円、1TBが月1300円です。

追加容量 月額料金
50GB 130円
200GB 400円
1TB 1300円

iCloud Driveの特徴

iCloud Driveの容量は、iCloudバックアップやiCloudメールと共有になっています。ですのでiCloud Driveの空き容量には注意が必要です。

MacとiPhoneでデータを共有

iCloud Driveの機能をオンにすることで、MacのOfficeソフト(Pages、Numbers、Keynote)で作業途中の書類を、iPhoneで閲覧・編集することもできます。

WindowsとMacでデータを共有

iCloud DriveはWindows(7以降)に対応しています。専用ソフトをインストールすることでWindowsとMacでデータを共有することができます。

iPhoneの写真を自動アップロード

iCloudフォトライブラリをONにすることで、iPhoneで撮影した写真をクラウドに自動アップロードしてくれます。

 

iCloudフォトライブラリでは、iPhoneとPCをケーブルで繋げることなく写真を共有することができます。

 

Windowsの場合は、Windows PCに専用アプリをインストールする必要があります。Macの場合は、システム環境設定でiCloudフォトライブラリ機能をオンにする必要があります。

 

iPhoneの設定方法

iCloud Drive iPhone アイフォン アイポン クラウドストレージiCloud Drive iPhone アイフォン アイポン クラウドストレージiCloud Drive iPhone アイフォン アイポン クラウドストレージ

追加(2015年9月17日)

iCloudフォトライブラリでは、iPhoneやMacなどの端末で写真を削除してしまうと、アップロード済みの写真であっても消えてしまうようです。

 

iCloud Drive上にはゴミ箱機能などが無いので、完全消去という形になってしまいます。iCloud Driveで写真を削除するときには注意が必要です。(iOS端末側には「最近削除した項目」があります。30日間はデータが残っています。)

iOS 9でApple純正iCloud Driveアプリが追加

iOS 8では、iCloud Driveのデータを管理するApple純正アプリがありませんでした。

 

2015年9月に登場したiOS 9ではApple純正アプリが追加されました。これからはiPhoneやiPadから純正アプリでiCloud Drive上のデータにアクセス・管理できます。

 

iPhoneでの純正アプリ表示方法

「設定」 -> 「iCloud」 -> 「iCloud Drive」 -> 「ホーム画面に表示」をオンにすることでホーム画面にアプリアイコンが追加されます。

iCloud Driveの強み・利点

これまでに紹介したiPhone用のクラウドストレージアプリでは、アプリを起動しないと自動アップロードが始まりませんでした。iCloudフォトライブラリでは、アプリを起動することなく、撮影した写真を自動でアップロードは始まりました。

 

この点が、iPhoneでiCloud DriveやiCloudフォトライブラリを使う強みになると思います。

最後に

今回は、iCloud Driveを紹介しました。

 

クラウドストレージサービスにも様々なものがありますので、いくつかのサービスを組み合わることで、より便利に活用できそうです。

 

iCloud DriveはApple製なので、iPhoneやMacとの相性は良さそうです。

 

iCloud Drive iPhone アイフォン アイポン クラウドストレージ

 

関連記事