ハクのあれこれガジェットノート

ガジェット記事を中心に格安スマホやアプリ情報について書いています。

クラウドストレージ「OneDrive」 マイクロソフト オフィスと組み合わせると便利です



クラウドストレージサービスの「OneDrive」です。Office 365ユーザーであれば1TBもの容量を利用できますよ。

 

クラウドストレージサービスは、データのバックアップや複数台でのデータ共有が簡単におこなえる便利なサービスです。データをクラウド上に保存するので、パソコンやスマホが故障しても、データを失うことがありません。

OneDriveとは

OneDrive - ファイルと写真向けのクラウド ストレージ
OneDrive
無料
posted with アプリーチ

 

OneDriveはマイクロソフトのクラウドストレージサービスです。Windows、Mac、iOS、Android、ウェブサイトで利用できます。

 

マイクロソフトのサービスを1年間利用していないと、アカウントごと削除される可能性があります。

OneDriveの特徴

Microsoft OneDrive マイクロソフト ワンドライブ クラウド ストレージ

無料容量

OneDriveは初期状態で15GBの容量を利用できます。スマートフォンの自動アップロード機能をオンにすることで、無料容量がプラス15GBされ、合計で30GBを利用可能になります。

 

2016年から、この無料容量が縮小され5GBになります。

複数端末でデータ共有

OneDrivでは、複数の端末間でファイルを共有を簡単におこなえます。

 

複数の端末間でデータを共有したり、写真や写真などのデータのバックアップをとることができます。

 

スマートフォンで撮影した写真をパソコンへ移動させる、スマートフォンで作成途中の文書をパソコンから続きの作業をする、といったことが簡単におこなえます。

オンライン版オフィス

OneDriveのウェブサイトからOffice Onlineが利用できます。さらに、マイクロソフトはモバイル用のOfficeアプリも提供しています。

 

無料版は機能が限られていますが、簡単な文書を作成する程度であれば十分使えます。OneDriveはマイクロソフト オフィスを使っての書類の作成と共有に便利です。

有料プラン

Office365ユーザーは、1TBの容量を利用することができます。

 

100GB/年3000円ほどで容量を追加できます。2016年からは容量や料金が変更になるので注意が必要です。

最後に

OneDriveは、Office 365ユーザーであれば1TBの容量を利用できます。

 

クラウドストレージサービスを活用することで、データのバックアップや複数の端末データ共有の手間を軽減できます。ぜひ、活用してみてください。

関連リンク

OneDrive - ウェブサイトへ

OneDrive - ファイルと写真向けのクラウド ストレージ
OneDrive
無料
posted with アプリーチ

 

関連記事