ハクのあれこれガジェットノート

ガジェット記事を中心に格安スマホやアプリ情報について書いています。

ヒト型ロボ「Pepper」 感情をもったパーソナルロボットの特徴



ソフトバンクから発表されたヒト型ロボ「Pepper」です。

 

2015年8月、ヒト型ロボ「Pepper」がソフトバンクの決算説明会で、「世界初」のロボットによる決算発表をおこないました。「Pepper」は、2015年6月から一般販売が開始されています。

Pepperとは

Pepper (ペッパー)は、感情もったパーソナルロボットとしてソフトバンクが発表しました。

ヒト型 ロボット Pepper ペッパー

 

表情や声から感情を認識する機能、独自の感情機能を持っています。Pepperの胸に搭載されているディスプレイを通して、Pepperの感情の状態を確認することができます。

 

Pepperは、感情の状態によって、声のトーンや会話内容が変わるようです。また、ヒトの顔を覚えるので、ヒトによって異なる反応を示したりもします。

Pepperの特徴

Pepper 感情 ハート

感情認識エンジン

Pepperは、感情認識エンジンで「気持ち」を学習します。学習した感情を数値化し、クラウド上で他のPepperたちと共有することで、人が喜ぶこと、怒ることなどを学んでいきます。

クラウド連携

Pepperは、常時ネットワークに接続することで最新のニュースや天気を教えてくれます。また、クラウドと連携することで、豊富な話題に対応することができます。

最後に

Pepperは、2015年6月から一般販売が開始されています。6月分 (1000台)と7月分 (1000台)は、販売開始1分ほどで完売したそうです。興味を持っている人は結構いるんですね。