ハクのあれこれガジェットノート

ガジェット記事を中心に格安スマホやアプリ情報について書いています。

スキャンアプリ「Scannable」で紙の書類を簡単にデジタル化 [iPhone]



Evernoteが手がけるスキャンアプリ「Evernote Scannable」です。便利ですよ。

 

ScannableはiPhoneとiPad用アプリです。スキャンアプリで書類をデジタル化することで、持ち物の減らすことに役立ちます。

 

また、スキャンして保存することで、普通に写真撮影して保存するよりもデータ容量を少なくできます。クラウドに保存する場合には、データ通信量の節約にもなります。

Scannableとは

Evernote Scannable
Evernote Scannable
開発元:Evernote
無料
posted with アプリーチ

iPhoneやiPadのカメラを使って、書類や名刺をスキャンできるアプリです。

 

Evernoteアプリには以前からスキャン機能がありましたが、このScannableは、スキャンに特化したアプリとして登場しました。

 

Scannableはスキャンする書類や名刺の形を認識して、自動でトリミング(画像中の書類部分だけを切り出す)や画像補正をしてくれます。

 

Scannableにはスキャンした画像の管理機能がないので、スキャンデータはiPhoneやiPad本体に保存するか、Evernoteやクラウドストレージサービスなどに保存することになります。

Evernote エバーノート Scannable スキャン アプリ デジタル

Scannableの特徴

アプリを起動後、すぐにスキャン可能

Scannableはアプリを立ち上げるとすぐにスキャン開始モードになります。Evernoteのスキャン機能の場合、起動画面から写真ボタンを押す必要があります。

 

Scannable(1枚目)、Evernote(2枚目)の起動画面の画像です。

Evernote エバーノート Scannable スキャン アプリ デジタルEvernote エバーノート Scannable スキャン アプリ デジタル

データサイズを小さくできる

Scannableではスキャンした画像を自動でトリミングや補正してくれます。そして、データサイズもかなり小さくなります。

 

以下に通常のiPhone(5s)カメラで撮影した写真(1枚目)と、Scannableでスキャンした画像(2枚目)を載せます。

Evernote エバーノート Scannable スキャン アプリ デジタルEvernote エバーノート Scannable スキャン アプリ デジタル

 

iPhoneで撮影した写真では書類以外にも背景が写っています。Scannableではトリミングと補正をすることで、余計なものを自動で切り抜きます。

 

また、データサイズもiPhoneカメラで撮影した写真(1枚目)では約1MBあるのに対して、Scannableでは36KBにまで少なくなっています。元の写真のデータサイズに比べて4%弱(約28分の1)になっています。

 

Evernote内にもスキャン機能がありますが、そちらでスキャンした場合のデータサイズは約93KBでした。Scannableが36KBだったので、Scannableのほうがデータサイズを半分以下に抑えられました。

最後に

スキャンアプリで書類をデジタル化することで、持ち物を少なくすることができます。また、Evernoteやクラウドストレージサービスにデータを保存することで、デジタル化した書類にどこからでもアクセスできるのでとても便利です。

関連リンク
Evernote Scannable
Evernote Scannable
開発元:Evernote
無料
posted with アプリーチ

 

関連記事